このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ > 【企業向け】新型コロナウイルスによる企業活動の支援について

【企業向け】新型コロナウイルスによる企業活動の支援について

新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へ(経済産業省)

新型コロナウイルス感染症関連情報(経済産業省のサイトに遷移します)

(1)セーフティネット保証について(経営安定関連保証)

新型コロナウイルスにより,経営の安定に支障を生じている中小企業者への資金供給の円滑化を図るため,県信用保証協会が通常の保証限度額とは別枠で借入債務を保証します。また,信用保証率の割引を行います。
詳細については、【経営安定関連保証(セーフティネット保証)制度について】をご確認ください。

対象となる中小企業

(1)小美玉市内で事業を営んでいる個人事業主・小美玉市内に本店が所在している法人
⇒市内在住で市外に店舗を有している場合、小美玉市では認定をお出しできません。
(2)新型コロナウイルスに起因して、基準以上の売上高減少が見込まれること。

申請様式(2部ずつ提出ください)

<4号認定>
doc認定申請書(様式第4)(doc 31 KB)
<5号認定>
doc認定申請書(様式第5)(doc 42 KB)
<共通様式>
docx売上高算出表(市様式)(docx 20 KB)
※売上高算出表については,任意様式でも可能です。ただし,金融機関等による代理申請の場合,内容を証明する旨の記載と支店長の押印が必要になります。

(2)危機関連保証について

新型コロナウイルスにより,経営の安定に支障を生じている中小企業者への資金供給の円滑化を図るため,借入債務(融資額)の100%を保証する制度です。
一般保証の限度額(最大2.8億円)とセーフティネット保証の限度額(最大2.8億円)とは更に別枠の限度額(最大2.8億円)となります。
※東日本大震災復興緊急保証の利用がある場合などは特殊な上限があります。
※実際に保証可能な金額は保証協会の審査により異なります。

対象となる中小企業

(1)小美玉市内で事業を営んでいる個人事業主・小美玉市内に本店が所在している法人
⇒市内在住で市外に店舗を有している場合、小美玉市では認定をお出しできません。
(2)新型コロナウイルスに起因して、基準以上の売上高減少が見込まれること。

申請様式

docx認定申請書(様式)(docx 29 KB)
docx売上高算出表(市様式)(docx 20 KB)
※売上高算出表については,任意様式でも可能です。ただし,金融機関等による代理申請の場合,内容を証明する旨の記載と支店長の押印が必要になります。

(3)新型コロナウイルス感染症対策融資について

茨城県では,新型コロナウイルス感染症の影響を受けて売上高等の減少により経営の安定に支障を生じ、経営安定関連保証・危機関連保証の認定を受けた事業者向けに「新型コロナウイルス感染症対策融資」を創設しました。
この制度融資を活用して民間金融機関から融資を受けた場合、無利子・保証料減免になります。
さらに、信用保証付き既往債務についても、この制度融資に借換が可能になります。

保証料・金利がゼロになる場合

(1)融資を受ける金額が4,000万円以下の場合。
(2)SN4号・5号・危機関連保証の適用要件と連動した売上高等の減少を満たす場合。
個人事業主:売上高等が前年同月比▲5%以上減少
中小企業者:売上高等が前年同月比▲15%以上減少

制度の内容について

【融資上限】8,000万円(4,000万円超えは保証料が必要)
【融資期間】10年以内(据置5年以内)
【保証料】0円(全額を県が補助)
【金利】3年間無利子無担保。4年目以降は制度融資所定金利
【既往債務の借換】対象要件を満たせば実質無利子融資への借換が可能

チラシはpdfこちら(pdf 229 KB)

(4)小学校等の臨時休業に伴う保護者の休暇取得支援について(事業者向け)

新型コロナウイルスの感染拡大防止策として,小学校等の臨時休業が実施されております。
小学校等に通う子の保護者である労働者の休職に伴う所得の減少に対応するため,保護者の雇用形態(正規・非正規)を問わず,労働基準法上の年次有給休暇とは別に有給の休暇を取得させた企業(事業主)に対して助成金が支給されます。

※本助成金は,休暇を取得させた企業(事業主)に対して実施されるものです。
休暇を取得した保護者(個人)に対するものではないので,ご留意ください。

対象となる企業

(1)又は(2)の子の世話を行うことが必要となった労働者に対し,労働基準法上の年次有給休暇とは別に有給(賃金全額支給(※))の休暇を取得させた事業主。
※ 年次有給休暇の場合と同様

(1) 新型コロナウイルス感染拡大防止策として、臨時休業した小学校等(※)に通う子
※小学校等:小学校、義務教育学校(小学校課程のみ)、特別支援学校(高校まで)、放課後児童クラブ、幼稚園、保育所、認定こども園等

(2) 風邪症状など新型コロナウイルスに感染したおそれのある、小学校等に通う子

その他条件等

【支給額】
休暇中に支払った賃金相当額× 10/10
※支給額は8,330円を日額上限とする。※大企業、中小企業ともに同様

【適用日】
令和2年2月27日~3月31日,および4月1日~6月30日までの間に取得した休暇

詳細な資料はこちらをご覧ください。
pdf企業における休暇取得支援リーフレット(pdf)

(5)小学校等の臨時休業に伴う保護者支援について(個人事業主向け)

新型コロナウイルスの感染拡大防止策として,小学校等の臨時休業が実施されております。
小学校等に通う子の世話を行うため,契約した仕事ができなくなっている子育て世代を支援し,子どもたちの健康・安全を確保するための対策を講じるものです。

対象者

(1)又は(2)の子どもの世話を行うことが必要となった保護者で,一定の要件(※)を満たす方
※一定の要件の例は以下のとおり。
・個人で就業する予定であった場合
・業務委託契約等に基づく業務遂行等に対して報酬が支払われており,発注者から一定の指定を受けている

(1) 新型コロナウイルス感染拡大防止策として、臨時休業した小学校等(※)に通う子
※小学校等:小学校、義務教育学校(小学校課程のみ)、特別支援学校(高校まで)、放課後児童クラブ、幼稚園、保育所、認定こども園等

(2) 風邪症状など新型コロナウイルスに感染したおそれのある、小学校等に通う子

その他条件等

【支給額】
就業できなかった日について、1日当たり4,100円(定額)

【適用日】
令和2年2月27日~3月31日および4月1日から6月30日
※春休み等、学校が開校する予定のなかった日等は除く。

詳細な資料はこちらをご覧ください。
pdf個人支援リーフレット(pdf)

問い合わせ先

本件に関する問い合わせは,下記までお願いいたします。

学校等休業助成金・支援金
相談コールセンター:0120-60-3999

掲載日 令和2年4月15日 更新日 令和2年11月12日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
産業経済部 商工観光課
住所:
〒319-0192 茨城県小美玉市堅倉835
電話:
0299-48-1111 内線 1160〜1162
FAX:
0299-48-1199
Mail:
(メールフォームが開きます)