このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ > 【小規模事業者向け】小規模事業者持続化補助金について

【小規模事業者向け】小規模事業者持続化補助金について

小規模事業者持続化補助金について

新型コロナウイルス感染症が事業環境に与える影響を乗り越えるため,具体的な対策(サプライチェーンの毀損への対応、非対面型ビジネスモデルへの転換、テレワーク環境の整備)に取り組む小規模事業者等が,商工会の助言等を受けて経営計画を作成し,その計画に沿って販路開拓等に取り組む際の費用の2/3が補助される制度です。

本補助金の概要は,下のPDFをご確認ください。
pdf小規模事業者持続化補助金について(pdf 199 KB)

新型コロナ感染症対応「特別枠」の創設について

新型コロナウイルス感染症に対応するため,特別枠が創設されます。

(1)補助上限額を100万円に引き上げ。
(2)2月18日以降に発生した経費も補助対象になる。
(3)売上が前年同期比20%以上減少している方には、希望により概算払い(即時支給)を実施。

ただし,補助対象経費の1/6以上が以下のA~Cいずれかの要件に合致することが必要。
A サプライチェーンの毀損への対応
B 非対面型ビジネスモデルへの転換(いわゆるテイクアウト等)
C テレワーク環境の整備

補助内容について

・上限50万円(コロナ特別対応型:上限100万円)※共同申請可能
・補助割合:2/3

活用事例

事例(1)(コロナ特別対応型)
新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受ける中でも営業を継続するため,店内飲食のみであった洋食屋が【出前注文を受け付けるためのwebサイト】を作成し,来店しない顧客への販売を開始。

事例(2)(通常型)
宿泊・飲食事業などを行う旅館にて,当補助金を活用して外国語版Webサイトや営業ツールを作成。
また,ピクトグラムの活用やムスリム対応情報を発信した結果,問合せ件数が倍増し,海外客の団体旅行予約も2割程度増加した。

申請受付時期について

<令和元年度補正予算持続化補助金(一般型)の今後のスケジュール>
公募:令和2年3月10日(火曜日)から公募中
電子申請:令和2年4月15日(水曜日)から利用可
応募締切:令和2年6月5日(金曜日)当日消印有効(2次締切)
※2次締切後も申請受付を継続し,令和2年度内には令和2年10月(3次)令和3年2月(4次)に締切りを設け,それまでに申請のあった分を審査して採択発表を行います。(予定は変更する場合がございます。)

<令和2年度補正予算持続化補助金(コロナ特別対応型)の今後のスケジュール>
公募:令和2年4月28日(火曜日)公募要領公開
応募締切:令和2年5月15日(金曜日)必着
※締切り後も申請受付を継続し,複数回の締切りを設け,それまでに申請のあった分を審査して採択発表を行います。(制度内容、予定は変更する場合がございます。)

申請の加点要件について

事業計画期間において、「給与支給総額が年率平均1.5%以上向上」、「事業場内最低賃金が地域別最低賃金+30円以上」を満たすこと等を加点要件とします(コロナ特別対応型を除く)。

申請をお考えの小規模事業者さまへ

本補助金の申請には,商工会の助言等を受けて経営計画を作成することが必須となっています。
そのため,申請をお考えの場合,まずは市商工会へお問合せください。

小美玉市商工会
電話:0299-48-0244

その他

応募およびその後の申請手続きにおいては,従来の郵送方式のほか,統一的な補助金申請システム(Jグランツ)による電子申請の利用が可能になる予定です。

詳細については,中小企業庁ホームページをご確認ください。
中小企業庁ホームページ(別ウインドウが開きます)

掲載日 令和2年5月4日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
産業経済部 商工観光課
住所:
〒319-0192 茨城県小美玉市堅倉835
電話:
0299-48-1111 内線 1160〜1162
FAX:
0299-48-1199
Mail:
(メールフォームが開きます)