このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップごみ・し尿> スプレー缶・カセットボンベ,使い切りライターの廃棄方法について

スプレー缶・カセットボンベ,使い切りライターの廃棄方法について

スプレー缶・カセットボンベ,使い切りライターの捨て方にご注意ください

・スプレー缶などを廃棄する際には,中身を完全に使い切り,穴を開けてから,【カン・金属類】として捨ててください。
・中身を使い切るときや穴を開けるときは,必ず火気のない風通しの良い屋外で行ってください。
 
以下,捨てる前の下処理に係る手順の一例(参考)となります。
詳しい内容は,商品に記載する内容をご確認いただくか,商品メーカーや販売店にお問い合わせください。

スプレー缶・カセットボンベ

1.中身を使い切る。
2.火気のない,風通しのよい状態で,ガス抜き器具などで穴を開ける。
3.【カン・金属類】の収集日に,コンテナに入れて出す。

使い切りライター

1.周囲に火の気のない,風通しのよい状態で,レバーを押し下げる。
2.ガスが出ている音を聞き,ガスが出ていることを確認する。
3.輪ゴムや粘着テープなどで,レバーを押し下げた状態で固定する。
4.この状態で,付近に火の気のない,風通しのよい状態で半日ほど置く。
5.着火操作をし,ガス抜きが完了していることを確認する。
6.【カン金属類】の収集日に,コンテナに入れて出す。

掲載日 平成31年1月8日 更新日 平成31年1月9日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
市民生活部 環境課 廃棄物対策係
住所:
〒319-0192 茨城県小美玉市堅倉835
電話:
0299-48-1111 内線 1140〜1142 1144 1145
FAX:
0299-48-1199