このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップごみ・し尿> 【ごみ出し】ダンボール(古紙)の異物混入にご注意ください!

【ごみ出し】ダンボール(古紙)の異物混入にご注意ください!

輸入品ダンボール事例臭い付きダンボール事例
  • 古紙に異物が混ざってごみ集積所に出される事例があります
  • 古紙であればなんでもリサイクルできるわけではありません

以下の場合、古紙として回収できません

  • 油が染みてしまったもの
  • ロウが塗ってあるもの(主に海外製品に多い)
  • 臭いがついているもの(主に海外製品に多い)
  • プラスチック製品(異物)が混入したもの

リサイクル自体ができなくなる場合があります

  • 異物混入により、古紙が不良品となるばかりでなく、リサイクルの仕組み自体に支障をきたします

リサイクルできない場合は可燃ごみとして出して下さい

  • 上記の異物類に該当する場合、リサイクルできない古紙は可燃ごみとして出して下さい

掲載日 令和2年9月8日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
市民生活部 環境課 廃棄物対策係
住所:
〒319-0192 茨城県小美玉市堅倉835
電話:
0299-48-1111 内線 1140〜1142 1144 1145
FAX:
0299-48-1199