このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ子育て支援> 要保護・準要保護児童生徒就学援助制度

要保護・準要保護児童生徒就学援助制度

制度の概要

1.要保護・準要保護児童生徒就学援助制度とは、生活保護を必要とする世帯、または生活保護に準じた保護が必要な世帯の児童・生徒に対し、義務教育を円滑に実施することができるよう、学用品費や修学旅行費など一定の援助を行う支援制度です。
2.入学時のみでなく、在学中(年度の途中であっても随時)に制度を利用していただくこともできますので、学校へご相談ください。
3.援助費の支給は年3回(毎学期ごと)に分けて行います。ただし、新入学学用品費については、入学前の3月支給が基本となりました。詳細は、このページの最後をご覧ください。

対象者

1.生活保護法第6条第2項の規定に該当する方(要保護者)
この制度では、生活保護制度の教育扶助に該当しない修学旅行費・医療費を補助します。
2.小美玉市教育委員会が、要保護者に準ずる程度に困窮し、就学困難と認定した方(準要保護者)

以上のいずれかに該当する方が、この制度の対象になります。

準要保護の認定基準

準要保護の対象となる方は、自ら申請された方のうち、市内小中学校に在学している児童生徒の保護者で、前年の同一世帯の収入合計が活保護基準額の1.3倍未満の方です。

※同一世帯とは同じ住所で家計(生計)を一緒にしている世帯をいいます。
家族であっても、住所が異なっている場合は、「別世帯」となります。同じ住所に住んでいても家計(生計)を分けている場合は、「別世帯」となります。
 
就学援助が認定となったモデル世帯
 世帯人数
(同居人も含む)
世帯構成 住居 1年間の家庭内総収入額
(児童手当,児童扶養手当等を含む)
2人 母:35歳
子:小学1年生
借家
(家賃5万円)
 約 250万円
3人 母:40歳
子:中学生1
子:小学5年生
借家
(家賃5万円)
約 330万円
4人 父:35歳
母:30歳
子:小学1年生
子:4歳
借家
(家賃5万円)
 
約 330万円
5人 父:45歳
母:42歳
子:中学3年生
子:小学4年生
子:小学1年生
借家
(家賃5万円)
 
約430万円
※上記の表はあくまで目安です。対象者の判定には、年齢や家族構成や就学状況、住居(持家か借家か)等によって異なりますのでご注意ください。
持家の場合、家賃5万円×12ヶ月=60万円を家庭内総収入額からマイナスした金額が目安となります。

補助の種類及び金額

 
補助の種類及び金額
種類 補助限度額
(年額)小学校
補助限度額
(年額)中学校
援助内容
新入学児童生徒学用品費 50,600円 57,400円 小中学校に入学するにあたって必要な物品等の経費を補助します(入学前支給を受けていない方が対象です)。
学用品費 11,520円 22,510円 学校における各教科、特別活動の学習に直接必要とする物品にかかる経費を補助します。
通学用品費 2,250円 2,250円 通学のために必要とする物品の経費を補助します(1年生には支給されません)。
卒業アルバム代等 10,890円 8,710円 卒業アルバム等を購入した経費を補助します(小学6年生と中学3年生が対象です)。
宿泊を伴わない校外活動費 1,580円 2,290円 遠足などの校外活動に必要な交通費と施設見学料金を補助します。
宿泊を伴う校外活動費 3,650円  6,150円 キャンプなど宿泊を伴う校外活動の交通費と施設見学料金を補助します。
給食費 支払った費用全額 支払った費用全額 給食費としてお支払いいただいた経費を、全額学期末にお返しいたします。
修学旅行費 支払った費用全額 支払った費用全額 修学旅行に係った経費のうち、全体行動に係った経費をお支払いします。
医療費 医療券をお渡しします。 医療券をお渡しします。 虫歯やアレルギー性でない結膜炎、蓄のう症など、学校保健安全法第8条に定められた病気について、病院で出していただくと、自己負担が無料になる医療券をお渡しします。
※金額は変更になる場合があります。

申請の流れ(新入学準備金の入学前支給の申請は別になりますので、このページの最後をご覧ください)

 
申請の流れ(入学後・進級後の一般的な例です。継続の方も、毎年度申請が必要です。)
順番 手続きする人(→相手先) 手続き内容
1 保護者(→学校) 書類一式を通学している学校で取得します。市のホームページからダウンロードまたは教育委員委員会学校教育課でも取得できます。
この時に担当の民生委員を確認してください。ダウンロードで入手した方は学校教育課へご連絡ください。
2 保護者(→民生委員)
申請書に記入し,同一世帯で収入がある方全員分の前年中の収入がわかる書類(源泉徴収票,確定申告書の写しなど)を必ず添付し、民生委員に提出(依頼)します。
3 民生委員(→学校) 申請書をもとに調書と意見書を作成し、学校へ提出します。
4 学校(→教育委員会) 学校長の意見を付して、教育委員会に提出します。
5 教育委員会 提出書類の内容を確認し、認否の判定を行います。
6 教育委員会(→学校・保護者)
認定結果を学校長、保護者に通知します。(保護者への通知は学校を通してお渡しします)。
7 学校(→教育委員会) 認定になった方の経費を計算し、援助費の請求を行います。
8 教育委員会(→学校→保護者)
援助費は、各学校を通じて保護者の方に支給されます(1回目は7月10日前後、2回目は12月10日前後、3回目2月10日前後)。
経費は学期ごとに支給されます。
※書類に不備がある場合は、申請を受け付けることはできませんので、お気をつけください。
※新入学学用品費については、入学前の3月支給が基本となりました。

必読)要保護及び準要保護児童生徒就学援助制度のお知らせ
★ダウンロードできる書類★
就学援助申請書兼世帯票
依頼書【様式1】(民生委員に調査を依頼するための書類)
準要保護に関する調書
担当民生委員意見書
 

新入学準備金の入学前支給について

1.小美玉市立小学校へ入学する児童生徒の保護者で、就学援助の準要保護の要件に該当する方へ、新入学学用品費(50,600円)を新入学準備金として入学前の3月に支給いたします。
2.新小学1年生については、入学準備金を受給するために申請手続きが必要となります。下記案内をご確認いただき、希望する場合にはお手続きください。
illust55_thumb
必読)新入学準備金の入学前支給のご案内
★ダウンロードできる書類★
小学校入学準備金 兼 入学年度用就学援助申請書
依頼書【様式2】(民生委員に調査を依頼するための書類)
準要保護に関する調書
担当民生委員意見書
口座振込依頼書

申請の流れ(小学校入学予定者の入学準備金)

 
申請の流れ(来年度に小学1年生になる児童の保護者が新入学準備金を申請する場合です。)
順番 手続きする人(→相手先) 手続き内容
1 保護者(→学校) 書類一式を市のホームページからダウンロードまたは教育委員委員会学校教育課で取得します。
教育委員会に来られた方には担当の民生委員の連絡先をお知らせします。ダウンロードで入手した方は学校教育課へご連絡ください。
2 保護者(→民生委員)
申請書に記入し,民生委員に調査を依頼します。民生委員は申請書をもとに調書と意見書を作成し,保護者に渡します。
3 保護者(→教育委員会) 書類一式を教育委員会学校教育課に提出します。(12月27日必着です。)
4 教育委員会(→保護者) 認定結果を保護者に通知します。認定になった方には保護者口座に3月に振込みします。
5 保護者(→教育委員会) 受領書を教育委員会へ提出します。認定になった方で入学年度(令和2年度)の就学援助を希望された方は同一世帯で収入がある方全員分の前年中の収入がわかる書類(源泉徴収票か確定申告書の写し)をこの頃までに提出します。


※令和元年度に申請しなかった、又は不認定となった場合でも、令和2年度の就学援助申請が可能です。毎年1月中旬頃から申請受付を始めます。申請の結果、4月当初からの認定となった場合は、就学援助費として新入学学用品費(50,600円)を学校経由で7月に支給します。また、今回、申請されて認定・受給された方も、令和2年度の就学援助を希望される方は、令和元年中の所得がわかる書類(源泉徴収票か確定申告書の写し)が必要になります。令和2年3月12日までに学校教育課に提出を済ませてください。
ただし、新入学学用品費については3月に支給済となるため、支給されません。

※お子さんが現在小学6年生で、入学準備金を希望する方のうち、令和2年2月1日現在で準要保護認定を受けている方については、申請の必要はありません。中学校の入学準備金を希望する方で、準要保護認定を受けていない場合は、学校を通して就学援助の申請を行ってください。準要保護の認定をされた方が、入学準備金の支給対象となります。
 

■小美玉市就学援助費支給要綱

小美玉市民生委員児童委員(広報おみたま平成29年1月号P10~P11掲載)
  ※三箇は田村一郎民生委員に変更となりました。


掲載日 令和元年10月1日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
教育委員会 学校教育課(小川総合支所) 学務係
住所:
〒311-3492 茨城県小美玉市小川4番地11
電話:
0299-48-1111 内線 2223、2224
FAX:
0299-58-4526
Mail:
(メールフォームが開きます)