このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

意見募集結果について

平成28年5月12日(木曜日)~31日(火曜日)まで意見募集を行ったところ、3名の方より意見が寄せられました。ご意見ありがとうございました。

意見募集結果

事 業 名:JR羽鳥駅橋上化事業に関するご意見をお聞かせください
募集期間:平成28年5月12日(木曜日)~平成28年5月31日(火曜日)
集計結果一覧表
提出方法 人数
郵便 1
ファクシミリ 0
電子メール 2
直接持参 0
合計 3
 
意見・回答一覧表
   提出者 意見内容 市の考え方(回答)
1 女性

市内在住
  1. 色が暗いです。羽鳥の名、白鳥や白サギのイメージからして淡いホワイト系に!周りの建物との調和もして下さい。暗い色ですと夜こわいです。空港のある町として淡いブルー系でも。緑多い町としては、ペパーミントグリーン系でも。
  2. 木材は年数がたつと、みすぼらしくなります。光沢のある素材を。大屋根は圧迫感あり。
  3. 西口は広くはありませんので、あまり樹木を植えないで下さい。道路も狭いので、見通しの良いさわやかな感じを。
  4. 駅舎内もガラス多くして明るくしてください。
  いただいたご意見を参考に、色あいは明るいイメージを基本とし、経年劣化の少ない素材を選定してまいります。
  また、駅西口についても限られたスペースながら、できるだけ有効に活用できるよう配慮してまいります。
2 女性

市内在住
  1. 太陽光発電システムの設置予定はありますか?
  2. 隣接する市の空き地利用を今後の考えがあると書いてありましたが、駅構内にも、長い通路を利用してのひと部屋、交流する場として設けられないのでしょうか?
    学生さん達が迎えを待つ時など、勉強していられる場を兼ねられるといいと思います。石岡駅のように、ベンチだけでは交流、勉強の場になりません。そして駅構内にある方が便利であると考えます。
  現時点で太陽光発電システムの設置予定はありませんが、昼間は自然光を多く取り入れられる設計にするとともに、LED照明を導入し、光熱費を抑えられるよう配慮してまいります。
  駅構内への交流部屋設置については、施設配置の関係上、その確保は困難ですが、羽鳥駅橋上化と一体的に進める駅東口隣接市有地の利活用計画の中で、ご要望の場が設置できるよう検討してまいります。
3 男性

市外在住
  羽鳥駅周辺に行くたび毎回駅周辺がもっと活気づけば良いなと思っていたため「陸の交流エリア」と位置づけた羽鳥駅の橋上化は嬉しく思います。しかし、このデザインは、デザインありきで、かっこいい場所を造れば人が利用してくれるだろう。人が集まるだろう。と思っていそうだなぁと感じました。現時点での駅利用上の不満点や良い点。周辺環境との連続性などをより考えたデザインになると良いと思います。
  東口に隣接する市有地の活用については「青木淳建築計画事務所十日町分室」の様な空間を創ると良いと思います。集ってお話ししながら休憩が出来たり、学校終わりにそこに行ったら友人に会えたり、様々な活動に活用できる市民との交流によって完成するオープンな空間が出来たら良いと思います。
  さらに一つお願いがあります。どうか駅前の空き地にソーラーパネルを並べるなんてことは絶対にしないでください。環境には優しいかもしれませんが、ソーラーパネルが並んだ地域が発展して行くことは難しいと思います。
  ご紹介いただいた事例を参考にさせていただきながら、羽鳥駅橋上化と周辺地域の一体的整備によって、陸の玄関口である羽鳥駅周辺地区の賑わいと交流を増進させ、市の魅力づくりを創出させたいと考えております。
 

  


掲載日 平成28年12月17日 更新日 平成30年6月1日
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
都市建設部 特定プロジェクト整備課
住所:
〒319-0192 茨城県小美玉市堅倉835番地
電話:
0299-48-1111 内線 1450~1453
Mail:
(メールフォームが開きます)