このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
   茨城県の看護師は,平成28年12月末現在で,19,958人,人口10万人対では687.0人と,全国平均の905.5を大きく下回り,全国44位という状況です。
 
区分 平成18年 平成20年 平成22年 平成24年 平成26年 平成28年
看護師数の推移
全国 811,972 877,182 952,723 1,015,744 1,086,779 1,149,397
635.5 687.0 744.0 796.6 855.2 905.5
茨 城 県 14,327 15,562 17,092 18,646 19,675 19,958
482.1 525.0 575.5 633.6 674.0 687.0
県央地域 5,448 5,773 5,944
755.6 803.6 832.2
上段:実数(人)下段:人口10万人対看護師数(人)
「茨城県保健福祉部平成28年度保健師助産師看護師の現状」より


   看護師国家試験の合格者数は毎年5万人ほどで,准看護師試験の合格者も含めると新しく看護師になる方の数はさらに多くなり,看護師数は年々増加しています。

   しかし,看護師の離職率は毎年11%前後で推移しております。そのため,国家資格を持っていながら,仕事に就いていない潜在看護師が約70万人にも上るとされていますが,数字の上では,新たに増える看護師と転職・復職する看護師の人数の方が多いことから,看護師数がマイナスになることはありません。

   では,なぜ実際の医療現場では看護師が不足しているのでしょうか?

   看護師は,急患が入ると退勤時間になっても退勤できなかったり,夜勤があったりするなど,勤務時間が変則的です。また,医師が行ってきた注射や点滴を行うようになるなど職務内容の高度化や,カルテの整理や記録等に費やす時間が増えるなど多忙化しています。このような労働条件の厳しさが,看護師の負担を大きくしており,これが離職の大きな原因の一つに上げられます。

   さらには,超高齢社会を迎え,認知症の高齢者が増えるなど患者の病状が変化しているのも原因として挙げられます。目が離すことができないために付きっきりでケアを行うことや重症人が増えているなどが原因で,看護師一人当たりの負担が大きくなってしまっているのが現状です。

   離職のほか,日々の業務の増加による人手不足の状況がさらに看護師不足を引き起こしています。その結果,病院では病床を減らしたり,患者の受け入れを制限したりする事態が発生し,私たち住民にも影響を及ぼしています。医療を安定的に提供するためには,医師だけではなく看護師等の確保も急務です。

   看護師確保対策として,一番には労働条件や職場環境などの待遇改善が挙げられますが,すでに看護師資格を持っている潜在看護師70万人に復帰してもらえば,当面の問題は大きく改善されます。しかし,結婚・出産を経た看護師にとって,育児と家事,仕事の両立は難しく,出産後復職したくてもできない看護師が多くいることが,離職率の増加に拍車をかけています(現在は男性看護師も増えてきてはいますが,未だに女性看護師の数が圧倒的に多いのが現状です)。

   茨城県央地域定住自立圏共生ビジョンにおいては,茨城県看護協会等と連携し,看護師の再就職のきっかけづくりを図り,看護師確保を進めていくこととしています。


掲載日 平成29年5月8日 更新日 平成30年12月6日
【アクセス数
【このページについてのお問い合わせ先】
お問い合わせ先:
保健衛生部 健康増進課
住所:
〒319-0132 茨城県小美玉市部室1106
電話:
0299-48-0221 内線 4000〜4005 4015 4016
FAX:
0299-48-0044
Mail:
(メールフォームが開きます)

カテゴリー

  • 看護師の現状