祭事

祭事01-アワアワ祇園(7月中旬)

アワアワ祇園(7月中旬)

江戸時代(元禄年間)、渡御の始まりのとき、川の水を手で神輿にかけ、手のひらを口に当て「あわあわ」と声を出しながら行いました。この神事が近郷に知れ渡り、「アワアワ祇園」の名称が広まったといわれています。

祭事02-小川の祇園祭(7月中旬)

小川の祇園祭(7月中旬)

素鵞神社の例祭を中心にした「小川の祇園」は、代表的な関東神輿の一つといわれており、山車や獅子がところせましと練り歩き、街中に、にぎやかな囃子が響き渡ります。最終日に本祇園の夜には、中心部にそれぞれの獅子が集まり、神輿を担ぐ若衆の熱気や近隣市町村から多くの見物客が集まり、祭りは最高潮に達します。

祭事03-羽鳥まつり(7月下旬)

羽鳥まつり(7月下旬)

親・子・孫と三代にわたって楽しめる祭りとして、平成3年、約30年ぶりに復活。神輿や山車、獅子頭が羽鳥地区内を練り歩きます。

祭事04-金刀比羅神社祭礼(8月上旬)

金刀比羅神社祭礼(8月上旬)

獅子舞・きつね・おかめ・ひょっとこが、笛や太鼓に合わせて踊る「堅倉ばやし」が楽しい祭り。毎年8月上旬に行われます。

祭事05-ふるさとふれあいまつり(8月下旬)

ふるさとふれあいまつり(8月下旬)

毎年希望ヶ丘公園を会場に行われる一大イベントです。まつり広場となるグラウンドでは、焼き鳥やたこ焼き、焼きそばなどの模擬店が並んで、香ばしい匂いが立ちこめています。
特設ステージでのショーにも人垣ができ、公園はまつり一色に染まります。圧巻は、県下最大級ともいわれる盆踊りで、2,500人以上の人が櫓を中心に輪になって踊ります。フィナーレの花火も大いに目を楽しませてくれます。

祭事06-百里基地航空祭(9月下旬)

百里基地航空祭(11月下旬)

年に一回一般に基地を公開。戦闘機、輸送機、救難ヘリコプターなど各種航空機の展示から、複数機による編隊飛行、その性能を見せる機動飛行など見所がたくさんあります。

この記事に関するお問い合わせ先
商工観光課

〒319-0192 茨城県小美玉市堅倉835
TEL 0299-48-1111(内線 1160~1162)  FAX 0299-48-1199