米の放射性物質検査の実施について(8月9日)

 県では、平成23年産米の安全性を確認するため、県内全市町村で放射性物質の検査を実施します。

 米を生産している農家のみなさんは、小美玉市全域の安全性が確認できてから、出荷・販売・譲渡を行うようお願いいたします。

 安全な茨城の米を消費者へ届けるため、皆さんのご協力をお願いいたします。

 

○検査の内容

  乾燥の終わった玄米を、合併前の町村(小川村、白河村、橘村、堅倉村、竹原村、田余村、玉川村) ごとに検査し、検査結果が国の定めた暫定規制値(500Bq/kg)以下であるか確認します。

 

○検査の時期

  農家のみなさんの稲刈りに合わせ、8月下旬から9月初旬に実施します。

 

○結果の公表

  市全域の検査結果は、9月初旬に公表する予定です。

  検査結果は、速やかに県、市のホームページで公表するとともに、関係団体に連絡いたします。

  また、防災無線等により農家の皆様にお知らせします。

この記事に関するお問い合わせ先
農政課

〒319-0192 茨城県小美玉市堅倉835
TEL 0299-48-1111(内線 1151~1153,1155~1157)  FAX 0299-48-1199

●農作物への放射線の影響についてはこちらから。