指定管理者制度

指定管理者制度とは

 平成15年6月に成立した地方自治法の一部を改正する法律により「公の施設」(※1)の指定管理者制度が設けられました。
 この制度は、多様化する住民ニーズに効果・効率的に対応するため、公の施設の管理に民間事業者等のノウハウを活用することにより、住民サービスの向上と経費節減等を目的としています。
 市では、制度導入指針を策定し、市が保有する各施設への導入検討を推進しています。

(※1) 公の施設・・・市が市民の福祉向上を図るために設置する施設。スポーツ、文化、福祉施設などがあります。

管理委託制度との相違点

 項目  指定管理者制度 管理委託制度 
管理
主体
民間事業者等(※2)を含む幅広い団体(個人は除く) 公共団体、公共的団体、政令で定める出資法人に限定

契約
形態

指定という行政処分により管理権限を指定管理者に「委任」する 公の施設の設置管理条例の規定を根拠とする公法上の契約に基づき、公の施設に関する管理を管理受託者に「委託」する
管理
権限
指定管理者
※地方公共団体が条例で定める業務の範囲に限る
地方公共団体の長
※管理受託者は地方公共団体との契約に基づき、具体的な事務事業について執行する
使用
許可
指定管理者が行う 地方公共団体が行う

(※2)民間事業者等・・・株式会社等の営利法人、NPO法人等の非営利法人、法人格を有しない市民団体など。

導入施設

参考

03503
この記事に関するお問い合わせ先
企画調整課

〒319-0192 茨城県小美玉市堅倉835
TEL 0299-48-1111(内線 1231~1235)  FAX 0299-48-1199