児童手当

平成28年1月より、全国一斉にマイナンバーの利用が始まりました。

児童手当の手続きにも、申請する方と配偶者のマイナンバーが必要になりますのでご注意ください。

児童手当制度について

児童手当制度は,児童を養育している方に手当を支給することにより家庭における生活の安定に寄与するとともに,次代の社会をになう児童の健全な育成及び資質の向上に資することを目的にしています。

支給対象と支給額

 

児童手当

支給対象

中学校修了前の児童

支給金額

1. 3歳未満          15,000

2. 3歳以上小学校修了前

   12人目           10,000

   3人目以降         15,000

3. 中学校修了前         10,000

※ 所得制限額を超える世帯には児童一人当たり5,000円が支給されます。

2.3人目以降とは,18歳の年度末までの児童で数えて3人目以降となります。

所得制限

扶養親族等の数

所得制限限度額(万円)

目安となる収入額(万円)

0

622.0

833.3

1

660.0

875.6

2

698.0

917.8

3

736.0

960.0

4

774.0

1002.1

5

812.0

1042.1

これより扶養親族等の数が増える場合は,1人につき38万円ずつ所得制限限度額が上がります。

注意点

· 国外に居住する児童は対象となりません(留学中の場合等を除く)。

· 児童養護施設に入所している児童等については,施設の設置者等に支給されます。

· 未成年後見人や海外在住の父母の指定する方へも,父母と同様の要件で手当を支給します。

· 監護・生計同一要件を満たす者が複数いる場合,児童と同居している者へ支給されます(単身赴任の場合を除く)。

児童手当を受給するには申請が必要です

支給対象

中学校修了前(15歳到達後最初の331)までの児童を養育している方

支給月と支給方法

支給は原則として,毎年6月,10月,2月に,それぞれの前月分までの手当を支給します。

それぞれ前月分までを当該月の10日に請求者名義の指定された口座に振り込みます。
(支給日が金融機関休業日に当たる場合は,前営業日となります。)


請求のしくみ

児童手当を受けるためには,請求(認定請求)が必要です。(公務員の方は基本的に勤務先での申請になります。)
手当は申請した月の翌月分から支給となりますのでお早めに申請ください。

(補足)出生日・転入予定日等から15日以内に申請いただくと,月をまたいだ申請でも出生月・転入月の翌月分から支給となります。
(例)428日生で56日に児童手当申請 :5月分から支給
   428日生で520日に児童手当申請:6月分から支給

申請に必要なもの

· 請求者(保護者)名義の預金通帳の写し

· 請求者(保護者)の健康保険証の写しなど

· 請求者(保護者)と児童の住所地が異なる場合は児童世帯の住民票謄本

· 代理の方が申請する場合は,請求者の印鑑も必要となります。

· その他に世帯の状況などにより必要書類が発生する場合がございます。

知っておきましょう

転出や離婚等により子どもへの監護がなくなったとき

· 「受給事由消滅届」を提出してください。
転出の場合,転出先の市区町村で転入予定日から15日以内に新規の申請が必要です。

出生などにより児童が増えたとき

· 「児童手当額改定認定請求書」を提出してください。
児童の出生届や転入届等だけでは児童手当は増額されません。

振込口座を変更したいとき

· 「振込口座変更届」を提出してください。
※1
変更できる口座は受給者(養育者)名義のもののみとなります。
※2
変更にはお時間がかかります。振込日1か月前までにお届けください。
※3
通帳の写しを添付する必要があります。

その他

· 加入年金が変更になったときや受給者(養育者)と児童の住所が別になったとき,養育者が変わったときなどはお届けが必要です。

· 児童手当の全部又は一部を市に寄付して,児童・子育て支援の事業のために活かしてほしいという方は,簡便に寄付を行うことができる手続きがありますので,お問い合わせください。

· 児童手当を受けているすべての方は,毎年6月中に児童の養育状況などを確認するため,「現況届」を提出する必要があります。届出をしないと,受給資格があっても6月以降の手当を受けられなくなりますので、必ず提出してください。

この記事に関するお問い合わせ先
子ども福祉課

〒311-3495 茨城県小美玉市上玉里1122
TEL 0299-48-1111(内線 3226~3229)  FAX 0299-58-4846