子宮頸がん予防ワクチン接種の積極的な勧奨の差し控えについて

 平成25年6月14日,厚生科学審議会副反応部会が開催され,子宮頸がん予防ワクチンの
副反応について審議が行われました。
 この結果,ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛がワクチン接種後に見られたことから,定期接種を積極的に勧奨すべきでないとされました。
 これに伴い小美玉市では子宮頸がん予防ワクチンの接種について積極的な勧奨を差し控え   
ることとなりました。
 なお,接種を希望される方については,これまでどおり定期接種として接種できますが,下記リーフレットを参考に,医師とご相談されメリットとリスクを十分理解していただいた上で接種を受けられますようお知らせいたします。

 ◆子宮頸がん予防ワクチンの接種を受ける皆さまへ(厚生労働省作成リーフレット)                                   
この記事に関するお問い合わせ先
健康増進課

〒319-0132 茨城県小美玉市部室1106
TEL 0299-48-0221(内線 4000~4005・4015・4016)  FAX 0299-48-0044

こちらから震災に関する掲載情報が確認できます。