文化財一覧(玉里エリア1)

耳守神社(みみっちょじんじゃ)

耳守神社

栗又四ヶにあります。耳の障害をなおしてくれるとの伝承により、各地から参拝する人が多いです。

館山神社(たてやまじんじゃ)

館山神社

「玉里八館」の一つ、下高崎にある稲荷神社。境内および周辺は、農村公園として、整備されています。

玉乃井跡

玉乃井跡

「玉里六井」の一つで、大宮神社後方にあります。「常陸風土記」に、この井より地名「たまり」と呼ぶとの記述があり、旧玉里村の名称のもとになりました。

木造阿弥陀如来坐像(もくぞうあみだにょらいざぞう)

阿弥陀如来像

藤原時代末期から鎌倉初期の作といわれ、上玉里円妙寺ニ階堂に安置されています。《茨城県指定文化財 彫 第117号》

鰐口(わにぐち)

大宮神社鰐口

大宮神社の社宝で、「正嘉元年大才丁巳十二月八日敬日」の銘があり、鎌倉時代の作。《茨城県指定文化財 工 第115号》

舟塚古墳

舟塚古墳

玉里地内に数多くある古墳の代表的な前方後円墳で全長84m、高さ8.7m。玉里総合支所の近くにあります。

薬師如来坐像

薬師如来座像

寄木造りの仏像で明徳2年(1391) 以降、極楽寺薬師堂の本尊となったと伝えられています。鎌倉末~室町の製作といわれ、作者は不明

この記事に関するお問い合わせ先
生涯学習課

〒311-3433 小美玉市高崎291-3
TEL 0299-26-9111 FAX 0299-26-9261
生涯学習係・玉里公民館・玉里図書館・史料館(内線3610~3614・3619)