おむつ代の医療費控除について

  ねたきりで尿失禁がおきる可能性がある方が使用したおむつの費用は、医療費控除の対象となりますが、その際は主治医に「おむつ使用証明書」を作成してもらう必要があります。ただし、おむつ代の医療費控除の申告が2年目以降であって、介護保険の要介護認定申請時の主治医意見書で下記の①から③について確認できる方については、市役所で証明書を発行いたします。

① 主治医意見書がおむつを使用した年に作成されていること。
 
 
 
 
 

② ねたきりの状態にあること。

 
 
 
 
 

③ 尿失禁がおきる可能性があること。

 
 
 
 

 その他介護保険制度で提供される一定の施設・居宅サービス利用時に負担した費用      について医療費控除の対象に含まれるものがあります。その際は高額介護サービス       費や保険による利用料の補填を差し引いた金額となります。

 
 
 

【 申 請 方 法 】

 
 

「おむつ代の医療費控除の証明申請書」を記載し、下記の窓口に持参してください。「おむつ使用証明書(または「証明書を交付できない理由書」)」 は後日、郵送で送付します。 

※ 申請書には、おむつを使用している方として判定を受ける方本人の記名および押印が必    要になります。あらかじめ記載をすませてから、ご持参ください。

 受 付 窓 口

 
 
・介護福祉課(玉里総合支所内)
 
・福祉事務所美野里支所(四季健康館内)
 
・福祉事務所小川支所(小川総合支所内)
 

申請書のダウンロード等

この記事に関するお問い合わせ先
介護福祉課

〒311-3495 茨城県小美玉市上玉里1122
TEL 0299-48-1111(内線 3110~3120)  FAX 0299-58-6710