「感染性胃腸炎流行警報」が継続中です

ノロウイルスによる「感染性胃腸炎流行警報」は継続中です。
 今後の流行拡大に注意が必要です。
一人ひとりが手洗い等を徹底し,感染予防に努めましょう。
◆なにから感染するの?
◎ノロウイルスに汚染された食品(生カキ等の二枚貝類等)を加熱不十分で食べることによる感染。
◎ノロウイルスに感染した食品取扱者が,手洗いが不十分なまま調理をすることによって食品が汚染され,その食品を食べることによる感染。
◎感染した人の糞便や嘔吐物が乾燥して空中に舞い,ヒトに感染。 
◆感染したらどんな症状が出るの?
感染してから1日から2日で症状があらわれます。
主な症状は吐き気,嘔吐,下痢で通常3日以内で軽快しますが,症状がなくなっても,患者の糞便には2週間以上ウイルスの排出が続きますので,その間も二次感染の防止が必要です。
◆予防のポイント

①調理する人の健康管理

下痢や嘔吐などの症状があるときは,食品を直接取り扱う作業は,しないようにしましょう。

②手洗いの励行

外出後,トイレの後,調理の前,おむつの交換後には必ず石鹸で手を洗いましょう。

③吐物の処理

素手で触れないようにしましょう。吐物が付着した床などは,塩素系消毒薬を適性な濃度に薄めて,拭き取りましょう。

④調理器具の消毒

熱湯(85℃以上)で1分間以上加熱しましょう。

⑤火を通す食品は十分に加熱ましょう

中心温度85℃以上で十分加熱しましょう。    
◆治療法は?
ノロウイルスには有効な治療薬はなく,通常,対象療法が行われます。特に,乳幼児や高齢者は脱水症状を起こしやすいので,水分と栄養の補給を充分に行ってください。脱水症状がひどい場合には,病院で輸液を行うなどの治療が必要になります。
02950
この記事に関するお問い合わせ先
健康増進課

〒319-0132 茨城県小美玉市部室1106
TEL 0299-48-0221(内線 4000~4005・4015・4016)  FAX 0299-48-0044

こちらから震災に関する掲載情報が確認できます。