「小美玉市一般廃棄物処理基本計画」を策定しました

廃棄物減量等推進審議会から答申書を提出(左から,関口副会長,稲田会長,島田市長)

審議会から答申書を提出(左から,関口副会長,稲田会長,島田市長)

市民1人1日あたり ゴミの140g減量 目指します 

 我々の日々の暮らしを支え潤すため,様々なものが生産され,それを消費し,ごみを廃棄しています。そして,この活動のうらには,温暖化,資源の減少,環境汚染など,地球規模で対応が迫られている課題や問題があります。
 こうしたなか,市として,地域特性を踏まえながら,循環型社会を目指していくため,市民の皆さんからご意見をいただき,市の一般廃棄物処理基本計画を策定しました。
 今後,計画に基づき各種取組みを推進し,最終年度における数値目標の達成を目指していきますので,市民の皆さん方には,幅広いご理解ご協力をお願いします。

計画期間

 平成26年度から40年度までの15年間

目標:最終年度(平成40年度)

項目 H23現況 H40目標 比較

ごみ排出量
(1人1日あたり)

825g 687g -138g
リサイクル率
(家庭系ごみ)
17% 25% 8%
最終処分量
(年間)
811t 580t -231t

主な取組み

  • ごみ分別収集,資源化の促進:分別ルールの周知徹底,集団およびリサイクル回収
  • ごみ減量化,環境に配慮した消費行動,事業活動の普及:生ごみ堆肥処理,もったいない運動,エコショップ
  • ごみ処理施設の広域化の推進: ごみ処理施設更新にあわせた効率的な収集運搬・処理体制の構築

 

本市ごみの現状

分別品目・資源化率は,県平均を下回り,可燃ごみの中には,紙・布類が約6割を占めています

○排出および資源化状況
項目 小美玉(順位) 県平均
直接焼却量
(年間1人あたり)
269Kg(25位) 264Kg
資源化量
(年間1人あたり)
49Kg(35位) 78Kg
分別品目数 11(30位) 12.8
※順位は,県内44市町村中。
 分別品目数は,茨城美野里。霞台厚生施設組合管内は12品目。
 データ:平成24年度一般廃棄物処理実態調査。

○可燃ごみ質分析結果
項目 区分
種類組成 紙・布類 57%
ビニール・ゴム類 18%
木竹わら等 11%
成分組成 43%
可燃 53%
※データ:平成24年可燃ごみ質分析結果(霞台厚生施設組合)

年間3億6千万円(平成24年度)の予算を投じて,ごみの収集運搬や焼却などの処理等をしています

※上記に,ごみ焼却施設の建設費は含まれていません。現在,近隣市町とともに,現施設の老朽化に伴い,新ごみ焼却施設の供用開始(平成32年度)を目指しています。

03400
この記事に関するお問い合わせ先
環境課

〒319-0192 茨城県小美玉市堅倉835
TEL 0299-48-1111(内線 1140~1142,1144,1145)  FAX 0299-48-1199