平成26年12月から,年金額が児童扶養手当額より低い方は差額分の児童扶養手当を受給できるようになりました。

 これまで,公的年金を受給する方は児童扶養手当を受給できませんでしたが,平成26年12月以降は,年金額が児童扶養手当額より低い方は,その差額分の児童扶養手当を受給できるようになりました。

詳しくは→児童扶養手当のしおり