公共施設等総合管理計画

 全国の市町村では,昭和30年代半ばからの高度経済成長期とその後の約10年間に,人口の増加と住民からの要望に対応して,学校などの教育施設,公営住宅,公民館や図書館などの公共施設,並びに道路,橋りょう,上下水道などのインフラ資産といった多くの公共施設等を整備してきました。

現在,これらの公共施設やインフラが一斉に改修・更新時期を迎えており,将来的に,多額の更新費用が必要になると見込まれます。

小美玉市においても,この間,堅倉小学校,小川北中学校,竹原小学校の校舎改築をはじめ,各公共施設の耐震補強などを進めていますが,限られた財源を有効活用する観点から,学校施設,庁舎等から優先しており,社会教育施設などには,迅速な改修・更新に至っていない施設もみられます。

市民サービスの向上のためには速やかな改修・更新等が望まれるところですが,わが国が総人口減少時代を迎え,長期的に安定した財政投資を行うことが難しくなるとともに,民間のカルチャー施設など,公共施設を補完する施設が多く整備される今日,住民が真に必要とする施設を無理なく長期的に更新・運営していく視点が重要です。

このため,本市が保有する公共施設等の全体の状況を把握し,長期的な視点で更新・統廃合・長寿命化などを計画的に行うことにより,財政負担の軽減・平準化と,公共施設等の最適な配置を図るため,「小美玉市公共施設等総合管理計画」を策定します。

01661
この記事に関するお問い合わせ先
企画調整課

〒319-0192 茨城県小美玉市堅倉835
TEL 0299-48-1111(内線 1231~1235)  FAX 0299-48-1199