国民生活基礎調査

平成28年国民生活基礎調査実施の概要

◆調査の目的

 国民生活基礎調査は、保健、医療、福祉、年金、所得等国民生活の基礎的事項を調査し、厚生労働行政の企画及び運営に必要な基礎資料を得るとともに、各種調査の調査客体を

抽出するための親標本を設定することを目的としています。

 

◆調査方法

(1)世帯票,介護票について

   あらかじめ配付した調査票に世帯の方が自ら記入します。

(2)健康票,貯蓄票について

   あらかじめ配付した調査票に世帯の方が自ら記入した後,専用封筒に密封します。

(3)所得票について

   調査員が調査対象となった世帯を訪問し,面接聞き取りの上,調査票を作成します。

   また,記入内容を調査員に見られたくない場合は,専用封筒で密封し,提出すること

   もできます。

 

◆調査スケジュール

・4月中旬頃~

世帯の名簿作成のため、調査員が世帯の人数などをお伺いします。

・6月2日の前後1~2週間程度の間

調査員が『世帯票(世帯用・世帯員用)』『健康票』(該当の方には『介護票』)

をお配りし、後日受け取りに伺います。

・7月14日の前後1~2週間程度の間

調査員が『所得票』『貯蓄票』をお配りし、後日受け取りに伺います。

※所得票・貯蓄票は世帯票・健康票を実施した世帯のうち、一部の世帯に

おいて実施します。 


◆調査に関するお問い合わせ

 茨城県水戸保健所 地域保健推進室

 TEL 029-241-0100

 

◆詳しくは厚生労働省ホームページをご覧ください

国民生活基礎調査(厚生労働省)

この記事に関するお問い合わせ先
企画調整課

〒319-0192 茨城県小美玉市堅倉835
TEL 0299-48-1111(内線 1231~1235)  FAX 0299-48-1199