総合教育会議


  地方教育行政の組織及び運営に関する法律の改正により、教育委員会制度が大きく変わり、教育委員長と教育長を一本化した新たな「教育長」の設置とともに、すべての地方公共団体で「総合教育会議」の設置が定められました。

  総合教育会議は、市長と教育委員会で構成され、教育行政の大綱の策定、教育の条件整備など重点的に構ずべき施策や、児童・生徒の生命・身体の保護など、緊急の場合に講ずべき措置についての協議・調整を行います。



  
会議の内容について、基本的に公開となります。公開の方法は、市ホームページにて会議資料並びに会議議事録を掲載いたします。ただし、個人情報が含まれる場合又は公開により公正な会議運営が阻害される場合には、会議資料や議事録について、個人情報が含まれる部分は非公開といたします。