このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ各課の業務案内> 企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)について

企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)について

企業版ふるさと納税とは

国が認定した地方公共団体の地方創生プロジェクトに対して企業が寄附を行った場合に、税制上の優遇措置が受けられる仕組みです。
損金算入による軽減効果(寄附額の約3割)と合わせて、最大で寄附額の約9割が軽減されます。

★素材拡大

【参考資料・リンク】
pdf・企業版ふるさと納税リーフレット「こころざしをカタチにする。」(pdf 3.02 MB)

・企業版ふるさと納税ポータルサイト(内閣府)外部リンク

寄附を募集する事業

寄附の対象となる事業は、内閣総理大臣から地域再生計画として認定を受けた次の4つの事業です。

 

【政策分野1 恋も子育てもしたくなるまちになる事業】

AdobeStock_193247514
結婚・出産を前にした若い世代の不安を軽減し、若い世代の結婚・出産・子育ての希望をかなえるため、出会いから結婚までを支援するほか、誰もが子育てしやすい環境の整備を進める。 

・自然な出会い創出事業
・ライフデザイン事業
・ママパパ・リフレッシュ事業
・不妊治療費助成事業 等

政策分野2 地域の宝を見つけ、磨き、光を当てるまちになる事業】

キャプチャ
茨城空港、霞ケ浦、ヨーグルト、農産物、歴史・文化など本市の魅力を再発見し、その価値を高め魅力を発信するとともに、経済的な自立を目指し、多様な財源の確保を図る。

・空の交流エリア、陸の交流エリア、水の交流エリア活性化事業
・ヨーグルトブランドアップ事業
・農産物ブランドアップ事業
・クラウドファンディング活用推進事業 等

 

【政策分野3 わくwork(ワーク)がとまらないまちになる事業】

名称未設定-1
時代に伴って変化する働くスタイルの多様化に対応した職場づくりを目指し、就職を機に市外へ転出する若者や、子育てを機に離職する女性が安心して働ける場・働き方などを支援する。


・新たな「働き方」研究実践事業

・企業誘致事業

・地域の仕事見える化事業

・女性活躍推進事業 等

 

【政策分野4 スーッと、ず~っと住めるまちになる事業】

OmitamaShigoto
本市に若い世代の移住・定住を促進するため、より多くの市民が、まちへ愛着と誇りを育むことができる環境の整備と人材の育成に取り組む。


・小商いする暮らし支援事業

・シェアリングエコノミー支援事業

・高校・大学との連携事

・ダイヤモンドシティ・プロモーション事業 等

【参考資料】

pdf・第2期小美玉市総合戦略(pdf 2.63 MB)
pdf・地域再生計画(名称:小美玉市まち・ひと・しごと創生推進計画)(pdf 262 KB)

 

寄附手続きの流れ

1.事前相談

事業にご賛同いただき寄附を希望される場合は、制度活用のご意向を小美玉市企画調整課までお伝えください。「寄附の対象事業」、「寄附の額」、「寄附の時期」、「寄附の納付方法」等を調整させていただきます。

 2.寄附申出書の提出

docx 寄附申出書(docx 17 KB)を記入して、小美玉市企画調整課までご提出ください。

3.寄附の納付

事前に調整した寄附額・納付方法にて、寄附金の納付をお願いします。

4.受領証の受取

寄附の受領後、本市から受領証を交付します。法人税の申告に必要となりますので大切に保管してください。

5.税の申告手続き

受領証を添え、「地方創生応援税制」の適用がある旨を申告してください。

留意事項

・1回当たり10万円以上の寄附が対象となります。
・小美玉市に本社が立地する企業からの寄附は制度の対象外となります。
・寄附を行うことの代償として、地方公共団体が企業に経済的な利益を供与することは禁止
されています。

寄附をお申し出いただいた企業のご紹介

寄附のお申し出をいただいた企業については、市ホームページ等で、企業名等を紹介します。
なお、公表についてご了承をいただいた企業のみ掲載いたします。

 


掲載日 令和3年7月15日 更新日 令和3年9月16日
アクセス数
このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
企画財政部 企画調整課 地方創生推進係
住所:
〒319-0192 茨城県小美玉市堅倉835
電話:
0299-48-1111 内線 1232~1236
Mail:
(メールフォームが開きます)